HOME

唐突で恐縮ですが、株式投資について私なりの考え方を箇条書きにしておきますね。

そもそも、基本的な認識として

  • ヒトの経済活動は、互酬・交換・再配分の3パターン。
  • 互酬はギブアンドテイク、交換は物々交換からの市場交換、再配分は租税と社会保障。
  • 市場交換の潤滑油は「お金」。資本主義においてお金はさらに肥大化。
  • しかしお金の本質は共同幻想。国家破綻でただの紙切れ。

という大前提のもと、ふつうの社会人がお金を貯める方法は、

  • 最大の資産は自分の時間。給料は時間を切り売りした対価。
  • なので時給が上がるように頭を使って一生懸命に働く(これ大事)。
  • 支出を抑える行動習慣を身につける。浪費癖は治す。
  • 「貯金=給料-支出」。なので知らない間に貯金が増える。

が王道(自分もこのパターン)。貯金を投資に回すなら、

  • 株式◎、上場不動産投資信託(上場リート)○、私募リート△、債券△。
  • 現物不動産は情報の上流は◎だが下流なら△。情報格差が大きすぎ。
  • その他は胡散臭いので×。
  • 米国の覇権国家(ヘゲモニー)は暫く続くので米国株への投資がベスト。
  • 個別銘柄よりも投資信託やETF。管理費や手数料には注意。
  • 現時点だと「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)インデックス」が無難。

かなと。資産運用の本質について手短に言えば、

  • 「資産」とは「お金(資)を産むもの」のこと。具体的には株式や不動産。
  • 資産から得られる利益の期待値は年5%(トマ・ピケティ『21世紀の資本』)。
  • なので、資産(株式)は保有し続けることに意味がある。
  • したがって資産(株式)を売却するのはお金が必要になったとき。

だと考えています。で、当然「投資の期待値が年5%なら皆が参加して期待値は年0%まで下がらないか?」と疑問に思いますが、

  • 人の性格はリスク回避。なので大半の人はリスクがある資産の購入を躊躇。
  • だからこそ勇気を出して資産を買えばご褒美として「リスク・プレミアム」が得られる。
  • このリスク・プレミアムこそ投資における利益の源泉。
  • 逆に、世の中のリスク感覚が麻痺したときはバブル。投資しても儲からない。

という答えになります。その上で、細かい戦術として、

  • メインはバリュー株の長期保有。グロース株はサブ(特にハイパーグロース銘柄)。
  • グロース株は景気循環の各局面でウェイト調整。
  • 景気回復フェーズではグロース株からバリュー株にシフト。
  • 景気過熱フェーズではグロース株から撤退。利確して現金比率を高める。
  • 株価が暴落したらバーゲンセール。勇気を出して株を買い増す。

だろうと。ちなみに景気循環の目安は、

  • 金融相場(不況下の株高):短期金利は低いまま。長期金利は緩やかに上昇。
  • 景気回復(業績相場の前半):短期金利は緩やかに上昇。長期金利は大きく上昇。イールドカーブはベアスティープ化。
  • 景気過熱(業績相場の後半):短期金利は大きく上昇。長期金利は高止まり。イールドカーブはベアフラット化。
  • 景気減速(株価の暴落直前):短期金利は下落。長期金利は大きく下落。イールドカーブはブルフラット化。

というイメージ。なお、

  • 株式であれ不動産であれ投資は結局「買ったタイミング」が絶対的な支配項。
  • 次に大事なのは「握力」。暴落でも暴騰でも狼狽売りは避ける。

でしょうか。余談ですが、好きな格言は、

  • 気相場は悲観のなかで生まれ、懐疑のなかで育ち、楽観とともに成熟し、陶酔のなかで消えてゆく。悲観の極みは最高の買い時であり、楽観の極みは最高の売り時である。(Bull markets are born on pessimism, grow on skepticism, mature on optimism and die on euphoria. The time of maximum pessimism is the best time to buy, and the time of maximum optimism is the best time to sell./Sir John Marks Templeton)
  • 人の行く裏に道あり花の山。いずれを行くも散らぬ間に行け。

です。

自分のイイタイコトは上記ですべて。細かい説明はブログとTwitterで書き散らかしていますのでご興味があればご笑覧ください。

※2020年12月からツイッターはじめました。 → https://twitter.com/JPY100M